目次の自動生成機能の使い方の手順!

今回のシリウスバージョン1.550から、
目次の自動生成機能が追加され、記事内に目次を付けることのできるようになりました。
自動生成機能の特徴は、それぞれの見出しを解析し自動的に目次を表示させることが
できます。このページでは、基本的な使い方の手順について説明いたします。

 

文字装飾メニューから「目次の全体設定」をクリック

 

目次機能を利用するための事前設定をします。文字装飾メニューの上段右側にある
「目次設定」を開き「目次の全体設定」をクリックしてください。

文字装飾メニュー 目次設定画面

「ページ内の目次を作成する」にチェックを入れる

 

目次の全体設定画面が表示されますので、最上部にある「ページ内の目次を作成する」
チェックを入れてください。この設定で目次の生成ができる状態になります。

 

目次の全体設定 ページ内の目次作成画面

 

自分のイメージを表現すべく目次設定をする。

 

シリウスの目次設定では、様々なカスタマイズ機能を用意しています。
デフォルトのままでも目次は作成できますが、自分の好みに応じて設定変更してください。
上記の操作が完了したら「OK」ボタンをクリックし、目次の設定画面を閉じます。

目次の設定画面

 

記事本文中で、目次を表示させたい箇所にタグを挿入する

 

次に、目次を表示させたい箇所に専用の独自タグを挿入します。
文字装飾メニューの「目次設定」→「目次タグの挿入」コマンドを選択すると、
記事本文中に目次のタグが挿入されます。

文字装飾メニュー 目次タグ挿入画面

 

目次タグが挿入できるのは1ページにつき1つまでとなります。2つ以上の
目次タグを挿入しても、最上部にある目次タグのみが有効となりますので
ご注意ください。

手順3の詳細設定で、全ページに目次を表示する設定にしている場合、
タグを挿入しなくても目次が表示されます。
(記事中タグが挿入されている場合は、そちらの方が優先されます)

 

 プレビューを見て、目次が表示されていることを確認する

 

以上の手順で、ページ内の目次を挿入することができます。
目次が表示されていることを、プレビューボタンをクリックして確認する。

 

 

デフォルトの設定では、見出しの件数が2件以下の場合、目次は生成されない
ようになっています。見出しが2件以下の状態でも目次を作成したい場合は、
下記のマニュアルに従って設定を変更してください。

 

既存サイトに目次を表示させたい場合は

 

既存サイトに目次を表示させたい場合は、共通ファイルの再適用が必要となります。
共通ファイルが再適用してない場合は、下記のようなメッセージが表示されますので
「はい」を選択して、最新の状態に更新してください。

 

トップへ戻る